経営計画

経営理念

共創力と提案力で地域の豊かな未来を実現する

  • 永年にわたり地域のお取引先さまと培った信頼を基本として、事業者の皆さまには、経営課題の解決策を真剣に考え、提案し、共に新たな事業価値を創造(共創)することにより、地域の復興、活性化へ貢献します。
  • 個人の皆さまには、より良い未来や幸福の実現に向け、実のあるサービス提供を通じてより豊かな未来を実現します。

第五次経営計画の概要

名称 第五次経営計画
計画期間 2020年4月~2023年3月(3年間)
経営方針

法人分野

■ コンサルティング支援

経営課題解決に向けたコンサルティング支援を行うことで、お客さまの生産性改善を実現します。

■ 地域産業の構造変革への対応

地域金融機関として創業支援のほか、事業承継やM&A、事業再生支援に積極的に取り組みます。

個人分野

■ 資産形成サポート

お客さまの資産状況やライフプランに応じたご提案を行うことで、安定的な資産形成をサポートします。

■ 高齢者ニーズへの対応

財産管理や相続など、高齢者が抱える悩みに対し、外部連携先と協働することでワンストップでのサービスを提供します。

人材育成、人材活躍促進

■ 人材競争力の強化

お客さまと共に新たな価値を創造していくため、コンサルティング能力や目利き力、マネジメント力の強化に努めます。

■ 能力に応じた適材適所の人材配置

能力に応じた適材適所の人材配置を実現するため、年齢や性別に捉われることなく多様な人材の活躍を促進します。

「新型コロナウイルス感染症で影響を受けられるお客さまの支援」についてはこちらをご確認ください。

第五次経営計画 ―目指す経営指標―

項目 目標値 備考
1.当期純利益 7億円

2020/4期~2023/3期

(毎期)

2.コア業務純益(除く投資信託解約損益) 15億円

2020/4期~2023/3期

(最終年度)

3.預り資産残高 50億円増加

2020/4期~2023/3期

(3期累計)