利益相反管理方針

当行は、お客さまの利益が不当に害されることを未然に防止するとともに、お客さまの保護を適正に確保するために、以下のとおり、「利益相反管理方針」を定めます。


  1. 1.当行は、当行及び当行グループ会社(株式会社 大東クレジットサービス、株式会社 大東リース)が行う取引において、利益相反のおそれがある取引類型を次のとおり定めます。
    1. (1)利害対立型
      ・競合関係又は対立関係にある複数のお客さまに対し、助言等を提供する場合
    2. (2)情報利用型
      ・当行及び当行グループ会社間において、お客さま情報を内部管理目的以外で不当に共有する場合
    3. (3)前各号に準ずる場合その他お客さまの利益が不当に害される場合
  2. 2.当行は、利益相反を管理・統括する部署として、経営部を定め、利益相反管理に必要な情報を集約するとともに、利益相反取引を特定・管理し、その有効性を適切に検証します。
  3. 3.当行は、利益相反取引を特定した場合、お客さまの利益が不当に害されることのないように、次に掲げる措置を選択し、利益相反取引の回避に努めます。
    1. (1)取引の条件・方法の変更
    2. (2)一方の取引の中止
    3. (3)お客さまへの利益相反の事実の開示、お客さまの同意

以上


平成21年6月1日制定  

平成21年7月1日一部改正

平成28年7月1日一部改正

平成29年7月31日一部改正