個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、毎月掛金を積み立て、預金や投資信託など自分で選んだ商品で運用し、原則60歳以降に年金または一時金で受け取る税制メリットのある年金制度になっており、運用成果によって、将来の受け取り金額が決まります。

はじめての方

iDeCoのメリット(3つの税制優遇)

  • MERIT
    1

    積み立てるとき

    掛金全額が所得控除 所得税・住民税の負担が軽減!

    メリット1
  • MERIT
    2

    運用するとき

    運用益・利息が 非課税!

    メリット2
  • MERIT
    3

    受け取るとき

    60歳以降に 税制優遇!

    メリット3

制度概要

制度概要
*1 月額の掛金には上限があります。また、掛金の前納や追納はできません。

iDeCo公式サイトで税制優遇シミュレーションができます。
https://www.ideco-koushiki.jp/simulation/

加入範囲と拠出限度額

iDeCoは、公的年金(国民年金・厚生年金保険)に上乗せする制度です。2017年1月から、全ての企業にお勤めの方や、専業主婦(夫)の方、公務員の方々も加入対象となり、制度上どなたでも加入できるようになりました。各被保険者区分と拠出限度額の関係は、図のように定められています。

加入範囲と拠出限度額
  • 第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者は、国民年金法に定める被保険者の種別です。
  • 企業年金等とは、厚生年金基金、確定給付企業年金、石炭鉱業年金基金および企業型確定拠出年金のことを指します。
  • 国民年金の保険料を納めていること、および免除を受けていないこと、農業者年金に加入していないことが加入条件となります。
  • 企業年金等に加入している方のうち、「企業型確定拠出年金にのみ加入している方」の額。
  • 企業年金等に加入している方のうち、「企業型確定拠出年金にのみ加入している方以外の方」の額。(公務員・私学共済加入者もこちらに含まれます)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料

個人型確定拠出年金(iDeCo)の各種手数料

  • 加入者・運用指図者の手数料(税込)
    実際に運用される金額は、下表1~4の手数料が差し引かれた後の金額になります。

    2018年1月1日現在

  a.加入者 b.運用指図者 支払先 支払方法
1.加入手数料 2,777円 国民年金基金連合会 初回掛金または移換金(個人別管理資産)から差し引かれます。
2.事務取扱手数料 拠出1回あたり
103円
国民年金基金連合会 拠出時に掛金から差し引かれます。
3.事務委託先手数料 月額64円※ 月額64円 三菱UFJ信託銀行/
日本マスタートラスト信託銀行
a.加入者:拠出時に掛金から差し引かれます。
b.運用指図者:前年12月~当年11月の該当月分は、翌年3月に資産から差し引かれます。
4.運営管理手数料 月額313円※ 月額258円 東京海上日動火災保険 a.加入者:拠出時に掛金から差し引かれます。
b.運用指図者:前年12月~当年11月の該当月分は、翌年3月に資産から差し引かれます。

※複数月分の掛金をまとめて拠出する場合は、月額手数料に当該月数を乗じた額が差し引かれます。

  • その他の手数料(税込)
    受給に関する手数料
    事務委託先手数料...1回あたり 432円
    還付に関する手数料
    国民年金基金連合会...1回あたり 1,029円
    事務委託先手数料...1回あたり 432円
  • 還付について
    国民年金保険料の未納期間に拠出した掛金、加入者資格を有しない期間に拠出した掛金、及び拠出限度額を超えて拠出された掛金については、還付されます。その際、手数料は還付金から差し引かれます。

ご加入にあたっての留意事項

  • 確定拠出年金は、公的年金を補完する制度であり、原則として60歳(受取可能年齢)まで中途脱退、途中の引出しはできません。ただし、国民年金の保険料免除者で、法令要件を満たす場合は、脱退ができます。
  • 掛金が1か月あたり5,000円以上1,000円単位、毎年12月~翌年11月までの1年間で1回のみ変更できます。なお、原則、60歳(59歳11か月)まで拠出できます。
  • 所得控除については、本人の所得のみに適用されます。
  • 氏名、住所、企業年金等の加入状況、被保険者種別等に変更がある場合は、各種変更届の提出が必要となります。

お受取りについて

60歳以降に受け取る資産を老齢給付金といいます。
老齢給付金の受け取り方法は、お一人おひとりのライフプランに合わせて選べます。
お受取りは受給件取得日の2か月前から受給権取得後にかけて、日本レコード・キーピング・ネットワーク(NRK)または東京海上日動よりお受け取りに関する各種ご案内がご加入者様へ送付されますので、ご案内に従い手続きをお取りください。

お受取り時の税制面のメリット

老齢給付金等の受取り方法

給付の種類 給付の要件 受取人 受取方法
老齢給付金 加入者が受給開始年齢(原則60歳)に達したとき 加入者 年金
一時金
年金と一時金の併用
障害給付金 加入者が高度障害になったとき 加入者
死亡一時金 加入者が死亡したとき 遺族 一時金
(脱退一時金) 国民年金保険料の全額免除もしくは一部免除もしくは納付猶予を受けており、掛金拠出期間3年以下、年金資産が25万円以下などの条件をすべて満たすとき 加入者

加入期間と老齢給付金の受取り開始年齢

加入期間と老齢給付金の受取り開始年齢
※60歳までの通算加入者等期間に応じて、受取開始可能年齢が決定されます。
50歳以降にご加入される場合は注意が必要です。60歳以降は、運用指図者となります。

移換について

確定拠出年金は、原則として60歳まで中途脱退、途中の引き出しはできません。そのため、転職、離職した場合、積み立てた資産を持ち運ぶ必要があります。これを移換といいます。
この場合であっても、課税されることなく年金資金を次の制度に持ち運びすることができます。

移換イメージ

60歳未満で企業型確定拠出年金を導入している企業をご退職された方は、原則6か月以内に確定拠出年金資産の移換手続きをする必要がございます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について詳しく知りたい方は

東京海上日動
401kコールセンター

0120-719なっとく-401401k

受付時間
平日 9:00~20:00
土・日曜 9:00~17:00

(祝日・振替休日・年末年始はお休みさせていただきます。)