返済方法と返済期間

住宅ローンを借りて住宅を購入した場合、借入れ翌月から毎月支払いを行うのが一般的です。
住宅ローンの返済方法と返済期間について確認しましょう。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法は、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。
ご自身の考えや状況に合った返済方法を選びましょう。

返済方法 元利均等返済 元金均等返済
こんな方におすすめ 月々の返済額を一定額にしたい方 当初の返済額が多くなっても、できるだけ早く返済したい方
イメージ図
元利均等返済イメージ図
元金均等返済イメージ図
特徴 毎月返済する元金と、利息を加えた合計額を、均等に返済する方法です。初めのうちは借入金額が多いため、元金返済よりも利息の支払いにあてられる部分が多く、返済がすすむにつれて、元金返済と利息支払いにあてられる比率が逆転していきます。 当初の借入額を返済回数で割り、毎月返済する元金を均等にし、そこへ利息を加えた金額を返済する方法です。
当初の返済額が最も多く、返済が進むにつれて返済額が少なくなっていきます。
メリット 毎月の返済額が同じなので、長期の計画が立てやすい返済方法です。
また、当初の返済額が「元金均等返済」に比べて小さいので負担が少なくなります。
毎月一定額の元金を返済していくので、「元利均等返済」に比べて総返済額は少なくなります。
デメリット 総返済額が「元金均等返済」に比べて多くなります。 返済開始時の返済額が最も高く、当初の返済負担が重くなります。借入時に必要な収入も高くなります。

返済期間について

返済期間はお客さまの年収、年齢、さらに今後予想されるライフプランの変化等、様々な観点から検討して決める必要があります。返済期間は、長ければ長いほど、毎月の返済額が少なくなりますが、その分、利息負担が重くなり、トータルの総返済額が増えてしまいます。
家計の収支状況を確認して、最適な返済期間を設定しましょう。

返済期間別の返済額の試算例

試算前提

借入金額:2,000万円
適用金利:年1.0%(返済全期間一定と仮定して試算)

返済期間 毎月返済額(円) 総返済額(円)
10年 175,208 21,024,960
20年 91,978 22,074,720
30年 64,327 23,157,720
  • 返済期間による返済額の違いを比較するための試算ですので、実際のケースとは異なります。

住宅ローンの返済方法、返済期間についてお悩みの方、
大東銀行へお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

ローンご相談専用ダイヤル

0120-60ローン-96ロウ74

受付時間
平日 9:00~17:00
土・日曜 10:00~17:00

住宅ローン専用相談ダイヤル

0120-569-558

受付時間
平日 9:00~17:00
土・日曜 10:00~17:00