個人型確定拠出年金(個人型401k(=iDeCo))|大東銀行

大東銀行 トップページ > 個人のお客さま  >  そなえる  >  個人型確定拠出年金(個人型401k(=iDeCo))
読み上げる

個人型確定拠出年金(個人型401k(=iDeCo))

個人型確定拠出年金(個人型401k(=iDeCo))とは


公的年金制度と個人型401k(=iDeCo)の関係

企業型401k 企業(法人)による、従業員の老後のための積立てです。
個人型401k 個人による、自分の老後のための積立てです。個人型には3つのタイプがあります。

第1号被保険者:個人事業主等が加入(個人口座から引落し)

第2号被保険者:厚生年金適用事業所勤務の役員・従業員または公務員、私学教職員が加入(個人口座から引落しまたは給与天引き)

第3号被保険者:家事専従者(第2号被保険者の被扶養配偶者)が加入

日本の年金制度は、一般に公的年金と企業年金等の組合せからなる3階建てになっていると言われます。1階部分は、20歳以上60歳未満のすべての人が加入する国民年金(基礎年金)です。
2階部分は、国民年金(基礎年金)に上乗せされる厚生年金です。会社の役員・従業員、公務員、私学教職員(国民年金の第2号被保険者)を対象としております(個人事業主等の国民年金第1号被保険者の場合には、2階部分に任意に加入できる国民年金基金があります。)。
3階部分は、企業年金等です。

個人型401kは、第1号被保険者、第3号被保険者では2階部分、第2号被保険者では3階部分にあたる年金制度です。

 

*1 厚生年金は、正式には「厚生年金保険」といいます。本書では、「厚生年金」と略して表記します。

*2 公務員は国家公務員共済組合、地方公務員等共済組合の長期組合員、また私学教職員は私立学校教職員共済組合の長期加入者をさします。


個人型確定拠出年金(個人型401k)の概要

お客さまの節税メリット

①お客さまがお支払い(拠出)される毎月の掛金は、全額所得控除の対象となります。

②毎月の掛金は、お客さまの指定した商品(保険、投資信託等)で運用され、その運用益は非課税となります。

③個人型401kの給付を年金で受取る場合は、「公的年金等控除」、また一時金で受取る場合は、「退職所得控除」が適用されます。


被保険者別、お勤め先の企業年金制度等に応じた掛金拠出限度額



ご加入にあたりましては、以下の注意事項をご確認ください。

  • 原則、 60歳まで途中の引出し、脱退はできません。
  • 加入から受取りが終了するまでの間、所定の手数料がかかります。
  • 掛金は原則、60歳になるまで(59歳11ヵ月目まで)拠出します。
  • 60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受取りを開始できる年齢が繰り下がります。

「個人型確定拠出年金(個人型401k)」について詳しくお知りになりたい方は、以下のホームページをご覧ください。

「東京海上日動火災保険 株式会社」ホームページへ


ページトップ

Copyright (c) THE DAITO BANK,LTD. All Rights Reserved.