オープン型外貨定期預金|大東銀行

大東銀行 トップページ > 個人のお客さま  >  ためる・ふやす  >  オープン型外貨定期預金
読み上げる

オープン型外貨定期預金

新しい運用方法を探している方、国内に限らず、さまざまな商品での運用をお考えの方におすすめいたします。

外貨定期預金の重要事項


外貨定期預金のリスク

円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)は手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります(お預け入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します)。 したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

外貨定期預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

商品の概要

商品名 オープン型外貨定期預金
商品概要 外貨定期預金とは、外貨預金(本邦通貨以外の外貨建の預金)のうち、あらかじめ預金の期間を定め、原則としてその期間中は払戻の要求に応じないことを条件としている預金です。
預金保険 外貨定期預金は預金保険の対象外です。
販売対象 法人および個人のお客さま
期間 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年及び1年以内の期日指定
元利金を満期日以後に一括して払い戻す非継続方式のお取り扱いとなります。
預入

(1)預入方法
一括預入です。米ドルについては午前10時ごろからご利用いただけます。
(2)最低預入額
1通貨単位。
(3)預入単位
1補助通貨単位まで預入可能。
(4)預入通貨
米ドルの1通貨。左記以外の通貨をご希望の場合は、個別にご相談ください。

払戻方法
  • 満期日以後に一括して払い戻します。米ドルについては午前10時ごろからご利用いただけます。
  • 米ドル通貨表示の預金を米ドル現金により払い戻す場合には、払戻予定日の7営業日前までに払戻予定の店舗あて連絡してください。なお、その場合、金額や金種によってはお申し込みに応じられない場合があります。
利息 (1)適用利率
お預け入れ時の利率を満期日まで適用します。
利率については窓口にお問い合わせください。(利率は当行ホームページでもご確認いただけます
(2)利払方法
満期日以後に一括してお支払いいたします。
(3)計算方法
付利単位を原則1通貨単位とした1年を365日とする日割計算。
税金について
  • 利子所得は法人のお客さまは総合課税、個人のお客さまは源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)として課税されます。
  • お利息はマル優の対象外です。
  • 為替差益への課税
    (法人のお客さま)
    総合課税
    (個人のお客さま)
    為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
  • 復興特別所得税の課税により、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、預金利息等にかかる税率は20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • くわしくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。
手数料および適用相場 お預入れ・お引出し方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の金額や上限額または計算方法をあらかじめお示しすることはできません。
くわしくは後記「外貨預金のお預入れとお引出しに関わる手数料および適用相場」をご覧ください。
付加できる特約項目 特にございません。
期日前解約時のお取り扱い

原則として期日前解約はできません。万が一、当行がやむを得ないものと認めて期日前解約に応じる場合には、預入日から期日前解約日までの適用利率は期日前解約日における当該通貨建ての外貨普通預金利率となります。なお、期日前解約にあたっては別途解約コスト(※)がかかる場合があり、その場合、解約元利金から解約コストを差し引いた金額が当初お預け入れの元本金額を下回る(=元本割れとなる)可能性があります。


(※)解約コスト算出の考え方
期日前解約時点で、当行はその契約上の地位(すなわち、預金契約の権利・義務)を失うことになり、その地位にともなう経済的利益を失うことによる損害を負うことになります。
この場合、当行は、期日前解約時点で、この預金と同等の代替の契約を市場(外貨資金市場)にて締結するか、または締結したと仮定した場合に必要となる金額(コスト)を、市場実勢相場に基づいて算出し、解約コストとしてお客さまにご負担いただきます。
このように、解約コストの算出には期日前解約時点での市場実勢相場を使用するため、お申し込み時点で解約コストをお示しすることはできませんが、計算式を簡略化してお示しすると以下のとおりになります。

【解約コスト】
=預金元本金額×(期日前解約時点の再調達金利-預入時点の調達金利)×残存日数÷年日数+諸費用・諸手数料-預金元本金額×(預入時点の適用金利-期日前解約時点の外貨普通預金金利)×預入日数÷年日数
(調達金利、および再調達金利は外貨資金市場などの銀行間レートがベースとなります。)
お問い合わせ先 店頭または下記までお問い合わせください。
・証券国際部 024ー925ー8282
当行が契約している
指定紛争解決機関

一般社団法人全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室

電話番号 0570-017109 または 03-5252-3772
対象事業者となっている
認定投資者保護団体
なし
その他参考となる事項
  • 預入後、為替予約を締結することにより、満期日の受取円貨額を、事前に確定することができます。(この場合、締結した為替予約を使用し満期日に解約することが条件となります。)
  • 満期日以後の適用金利は、解約日または書替日における、当該通貨建ての外貨普通預金利率となります。
  • 10万米ドル以上のお預け入れ、お引き出しについては、当行が市場実勢を参考にして決定する相場を適用する可能性があります。
  • この預金は外貨定期預金規定によりお取り扱いいたします。本預金をご利用の際には、必ずご覧ください。

外貨預金のお預け入れとお引き出しに関わる手数料および適用相場

お預け入れ

お預け入れ方法 手数料・金利等
円の現金でのお預け入れ
円預金からのお振替
円を外貨にする際(預入時)には、手数料を含んだ為替相場であるTTSレートを適用。
TTSレートには、為替手数料(1米ドルあたり1円)が含まれています。
外貨現金でのお預け入れ 1米ドルあたり外貨両替手数料2円
(最低手数料2,500円)
外貨T/Cでのお預け入れ 通貨ごとに定める当行所定の料率で計算したメール期間金利+外貨受払手数料(お預け入れになる金額の1/20%/最低手数料2,500円)
ご本人の外貨預金からのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
到着した外貨送金での
お預け入れ
外貨受払手数料(お預け入れになる外貨送金金額の1/20%/最低手数料2,500円)

[お引き出し]

お引き出し方法 手数料・金利等
円の現金でのお引き出し
円預金へのお振替
外貨を円にする際(引出時)には、手数料を含んだ為替相場であるTTBレートを適用。
TTBレートには、為替手数料(1米ドルあたり1円)が含まれています。
外貨現金でのお引き出し 1米ドルあたり外貨両替手数料2円
(最低手数料2,500円)
ご本人の外貨預金へのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
外貨でのご送金にご使用 (1)海外の銀行向けのご送金
送金手数料(4,500円)がかかります。
外資受払手数料(ご送金金額の1/20%/最低手数料2,500円)

(2)国内の銀行向けのご送金
送金手数料(4,500円)がかかります。
外資受払手数料(ご送金金額の1/20%/最低手数料2,500円)

このほかに(1)、(2)などに応じて別途、支払銀行手数料1,500円などがかかります。

くわしくは、<だいとう>の窓口へおたずねください。

ページトップ

Copyright (c) THE DAITO BANK,LTD. All Rights Reserved.